特色に関する質問

特色に関する質問

 

 


Q4 3部生の場合、日によって部を変えることはできるか。
A4 願書提出時に所属する部を決めて入学し、その部で学習することになります。入学後は、部の所属を変えることはできません。定時制は、四年間での卒業が基本になりますので、所属する部で4時間授業を受けていきます。
しかし、本校では3修制といって3年間での卒業を可能にする仕組みをつくっていますので、この仕組みを活用すれば、週に10時間以内の制限はありますが、2部(午後部)の授業を受けることができます。ですから、日によっては、午後部の授業から受講し、所属する部の授業と合わせて最大限1日に連続8時間の授業を受講することができます。このように、所属する部以外での時間を有効に活用できる仕組みとなっています。


Q5 不登校生徒を受け入れる学校ですか。
A5 本校は、中学校時代に不登校を経験した生徒を含め、これまでの教育の中では自己の能力や適性を十分生かしきれなかった生徒の入学を想定して設立されました。そのため、中学校時代に不登校を経験した生徒も積極的に受け入れることができるように、入学選抜方法を工夫して、そのような生徒が不利にならないようにしています。しかし、不登校生だけを受け入れる学校ではありません。それ以外にも、本校の系列や単位制などに魅力を感じている生徒など、多様な生徒を受け入れます。


Q6 系列に定員はあるのか。
A6 系列とは、生徒が選択科目を決めるときに、選びやすいように、選択科目を内容の関連する3つのグループに分けたものです。したがって、専門高校やコース制の学校のように、どれかの系列に所属したりすることはありませんし、また、系列ごとの定員もありません。本校には、生活・福祉、製作・技術、創作・表現の3つの系列があります。そして、どの系列の科目でも好きな科目を履修することができます。
このように、職業と関連させながら、数多く開講された体験学習や実技を中心とした科目の中から自由に選択し、幅広く学習することができます。


Q7 総合学科高校と既存の専門高校との違いはどこにあるのか。
A7 これまでの高校は普通高校と専門高校に分かれていました。普通高校は、普通科目を中心にカリキュラムがつくられています。専門高校は、工業・商業・農業などがあり、高校卒業後実社会で役立つ職業科目を中心にカリキュラムがつくられています。
 これに対して第3の学科と呼ばれる総合学科高校は、普通科目と職業科目を同時に学ぶことができる点が新しい特徴です。本校は総合学科高校として、3つの系列の選択科目群をおいています。また、専門高校とは異なりどの系列の科目も選択できると言う特徴をもっています。つまり、入学後に自分の将来の進路を考えながら科目の選択をすることができるのです。これが総合学科高校の特徴です。幅広く学ぶことができますが、深く専門的に学ぶことには余り適していないと言えるでしょう。

〒157-0061 東京都世田谷区北烏山9-22-1
電話 : 03-3300-6131 ファクシミリ : 03-3300-3687