その他の質問

その他の質問


Q29 総合学科高校とはどんな学校ですか?
A29 従来の専門高校は、工業、商業、農業等に分かれており、さらにその中に専門の学科が設置され、各学科独自のカリキュラムが編成されていた。そのため、在学中に他の学科の科目を学ぶことが困難であり、生徒は入学以前の段階で、高校卒業後の進路も見越して、高校や学科を選択する必要があった。
しかし、本校は総合学科高校であるため、入学後に自分の将来の進路を職業と関連させながら、数多く開講された体験学習を中心とした科目の中から自由に選択し、幅広く勉強できる。

Q30 各系列ではどんなことを学習しますか?卒業までにどのくらいの科目数を学習しますか。
A30 総合学科には様々な系列がありますが、本校には、生活・福祉、製作・技術、創作・表現の3つの系列があります。
製作・技術系列では、本校の前身である烏山工業高校の充実した施設・設備を引き継いでいますので、それらを活用したものづくり中心の体験的な学習活動が充実しています。例えば、製図・トレースを基本にして、メタルクラフト、デザインクラフト、木材クラフト、通信ネットワーク、自動車技術、玩具技術などがあります。
生活・福祉系列や創作表現系列も、大規模改修により他校に比べて充実した施設で教育活動を行なっています。学習内容も、生活・福祉系列では、調理、発達と保育、手話、点字、ホームヘルプ、くらしと法律、リビングデザインなどがあります。創作・表現系列でも、施設は大変充実しており、系列の科目の例をあげると、ダンス、日本語コミュニケーション、演劇、プレゼンテーション、現代の音楽、器楽、文字芸術、素描、彫金、陶芸、写真、コンピュータグラフィックスなどがあります。そして、学校設定科目の中でも専門性が強い科目では市民講師を招いての授業を行なっています。
このように、各系列では多様な科目を用意していますが、必ず履修しなければならない科目数が21科目程度あり、この他の選択科目の履修の仕方では、更に15~16科目から20科目程度の選択が可能となっています。

Q31 卒業するには?
A31 卒業に関する規程では、次の4つの条件を満たすことが必要となります。
(1)通算3年以上、高等学校で修業する
(2)必履修科目をすべて履修する
(3)習得した科目の合計単位数が74単位以上となる
(4)特別活動の成果が、その目標からみて満足できる
4年間での卒業を基本としていますが、上記の条件を満たせば3年間でも卒業できますし、4年間で卒業できない場合でも6年間在籍できますので、その間に条件をクリアして下さい。
 この他、技能審査の単位の認定を行なっており、さまざまな対応科目の検定試験に合格すれば、合格した級に見合って単位を増加させて認定する仕組みが整っていますので、この制度を活用して卒業して行った生徒も多数います。

Q32 資格取得に向けて指導をしてくれるのか?
A32 実用英語技能検定や日本語ワープロ検定など各種の検定試験に合格できるよう、応援しています。その他、家庭科技術検定、カラーコーディネーター検定、計算技術検定、実用数学技能検定、実用英語技能検定、情報技術検定、情報処理技術者、基礎製図検定、日本漢字能力検定、日本語文章能力検定、レタリング技能検定等の資格を取得できる機会を設けています。

 
Q33 学校外の学修の単位の認定につながるものにはどんなものがあるか?
A33 (1)技能審査 (2)高校卒業程度(大検に代わるもの)認定試験 (3)ボランティア活動 (4)実務代替等があります。
〒157-0061 東京都世田谷区北烏山9-22-1
電話 : 03-3300-6131 ファクシミリ : 03-3300-3687